読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<応援ナース>という働き方のまとめ

応援ナースという働き方を紹介、まとめています。応援ナースとは6ヶ月間、沖縄や北海道、首都圏、離島などの看護師不足の施設で働くことです。

応援ナースとして働く合間の休日の過ごし方は?

f:id:hihari:20160610013629j:plain

応援ナースの休日の過ごし方についてです。

 

応援ナースは沖縄や北海道、離島、都市圏などに赴任します。

そのため、

 休日には観光やレジャーを楽しむ方も少なくないです。

 

応援ナースとして働きながらプライベートも楽しめる? 

f:id:hihari:20160610013931j:plain

応援ナースとして赴任している間の気になる休日の過ごし方。

経験者の口コミから地域別に見てみましょう。

 

【沖縄】

沖縄で働く応援ナースは休日にスキューバダイビングなどのマリンスポーツをしたり、仲間とバーベキューなどをして盛り上がって楽しんでいるようです。

 

世界遺産もありますから観光にも良いですし、沖縄料理を食べ歩くのもおすすめですね。

 

また離島もありますから、自分が赴任する島以外の離島に遊びに行ってみるのも良いですね。

 

 

【北海道】

北海道で働く応援ナースは観光やグルメ、大自然の中をドライブ、温泉、冬はスキーと楽しんでいるようです。

 

自家用車があると行動範囲が広がって、便利ですし、プライベートもより充実しそうです。

 

また北海道は非常に広いので、札幌と利尻島では、休日の楽しみ方も変わってきそうですね。

 

 

【離島】

離島と一言に言ってもいろいろな地域がありますね。

北海道、東京、鹿児島、沖縄あたりの求人が多いようです。

 

地域差はあると思いますが、離島なので、生活には少々不便な部分が多いかもしれません。

 

休日の過ごし方についても、海で囲まれている分、新鮮な海鮮類を食べ歩いたり、マリンスポーツを楽しむことはできそうですが、ショッピングを楽しむと言ったことは難しいかもしれませんね。

 

せっかく離島に行くのですから、そこでしか体験できない経験が出来ると良いですね。

 

 

【都市圏】

都市圏といっても、全国いろいろとありますので一言では言えませんが。

東京や大阪などの大都市であれば、やはり観光がメインとなるのではないでしょうか。

 

誰しもが地方出身者とは限りませんが、「東京で応援ナースをしながら観光もしてみたい」、「大阪に行ったことがないから、応援ナースをしながら、観光やグルメを楽しみたい」という方は多くいますね。

 

基本的に便利なところが多いですから、普通の日常通りの休暇を過ごすことも多いかもしれませんね。