読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<応援ナース>という働き方のまとめ

応援ナースという働き方を紹介、まとめています。応援ナースとは6ヶ月間、沖縄や北海道、首都圏、離島などの看護師不足の施設で働くことです。

応援ナースとして働くメリットとデメリットは何?

f:id:hihari:20160609144318j:plain

応援ナースとして働く場合のメリットとデメリットについてです。

応援ナースとして働くことを検討する際の参考にしてくださいね!

自分自身にとって

 

メリットが多いか?デメリットが多いか? どちらでしょうか?

 

応援ナースとして働く場合のメリットはこれ!

f:id:hihari:20160609144509j:plain

応援ナースとして働くメリットから書いてみます。

 

<メリット>

短期間で高収入を得られる

・勤務の合間の休日は、観光やマリンスポーツなどを楽しむことができるので、プライベートも充実する

・新人教育や雑務に追われることなく、看護師の実務に専念できる

・煩わしい人間関係にかかわらずに済む。面倒なことが起きても期間限定なので耐えられる

・短期間で通常以上の実績を積むことができる(場合がある)

・寮やアパートが用意されているので、住宅費が無料もしくは安価で済む

・高収入なので、集中して貯金を貯めることができる

 

一番のメリットは、高収入で高待遇なことかもしれませんね。

 

そして、沖縄や北海道、離島などのリゾート地勤務になったり、

東京や大阪などの都市圏勤務になったりするので、

休日には観光やレジャーを楽しめる環境になることが多いですね。

 

せっかくの機会ですから、応援ナースとしての業務はしっかりとこなしつつ、休日はプライベートの充実をはかるのも良いですね。 

 

 

応援ナースとして働く場合のデメリットはこれ!

f:id:hihari:20160609144856j:plain

<デメリット>

短期間契約なので、長期で安定して働くことが前提ではない

・看護師不足の病院に行くため、多忙なところか、過疎化した地域に赴任することになる

・退職金や出産・育児手当がない

・即戦力として働くので、環境に慣れるまでは大変

 

短期間の契約というのはそれ自体をメリットとして応援ナースを選ぶ人もいれば、やはり安定した働きではないと不安を感じる人もいますね。

 

なぜ、応援ナースとして働きたいのか?

そこをはっきりさせることで、デメリットがメリットに変わる場合もあるし、それほど気にならなくなる場合もあります。

 

正社員として長く安定して働きたい、というのが一番であれば、応援ナースを選ぶ必要なないかもしれませんね。

また、例えば沖縄や北海道で正社員として安定して働きたいというならは、そういう案件を紹介してくれる転職サイトも多数ありますから、検討してみても良いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

<看護師専門のおすすめ転職サイト>

看護師転職サイト『ナースJJ』

看護師の求人・転職・募集なら【看護のお仕事】

看護師専門の転職サイト「ナースジョブ北海道」

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

知らない土地で働くことに不安な時は?

f:id:hihari:20160609145735j:plain

他に、メリットでもデメリットでもあると思うけれど、知らない土地で働くこと、がありますね。

 

人によっては、知らない土地で働くことが刺激的で面白い、と前向きにとらえられるでしょうし、知らない土地で働くことに不安や孤独を感じる人もいますね。

 

 

でも、ただ単に知らない土地に引っ越す訳ではなく、看護師として即戦力で働くために、その土地に行くので、「知らない土地は不安で孤独、耐えられそうもない」と思う人には、応援ナースはおすすめではないですね。

 

 

とはいえ、「慣れるまでは、やっぱり不安」という人もいるでしょうから、そういう人には、すでに応援ナースが勤務している病院がおすすめです。

同じ応援ナースがいることで心強いはずです。

 

業務でもプライベートでも分からないことを聞きやすいと思いますし、同じ応援ナースというだけでも仲間意識が働いて、気の合う人が見つけられれば一緒に楽しい思い出も作れるかもしれませんね。

 

また受け入れる病院側も、応援ナースの受け入れ実績が豊富であれば、初めての応援ナースとしての勤務でも安心かもしれませんね。