読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

<応援ナース>という働き方のまとめ

応援ナースという働き方を紹介、まとめています。応援ナースとは6ヶ月間、沖縄や北海道、首都圏、離島などの看護師不足の施設で働くことです。

応援ナースへの応募から赴任するまでの流れは?

f:id:hihari:20160609135037j:plain

応援ナースとして働くためにはどうすればいいの?

どこに応募すればいい?

赴任するまでの流れはどんな感じ?

応援ナースへの応募から赴任までの流れについて

 

書きたいと思います。

 

応援ナースにはこうすればなれる!?

f:id:hihari:20160609135134j:plain

応援ナースの募集案件が豊富なナースパワーの<就職までの流れ>を参考に説明します。

 

転職サイトに登録

応募先を選定

応募先に推薦(書類審査)

電話面接

赴任

 

 

まずは、ナースパワーなどの応援ナースを募集している転職サイトに登録します。

 

そして、応募する病院の選定をします。

転職サイトのコーディネーターさんからその病院の詳しい条件や環境などを聞き、また自分の経歴なども話し、赴任するふさわしい病院をコーディネーターさんと一緒に見つけていきましょう。

 

また気になる病院については、ネットなどでも情報収集をした方が良いですね。

病院の規模や評判、患者の口コミ、応援ナースの経験談

ネットで検索するだけでもいろいろな情報を拾うことができます。

 

転職サイトからの情報と自分で集めた情報を総合して、自分にあった応募先を決めましょう。

 

 転職サイトのコーディネーターさんは心強い味方!

f:id:hihari:20160609135500j:plain

応募先が決まったら、コーディネーターさんから病院に推薦をしてもらいます。

書類審査ですね。

 

提出する書類については、しっかりとした内容で仕上げるようにしましょう。

書き方や内容に困った時は、コーディネーターさんに相談しアドバイスをもらうことが大切です。

 

病院からの要求や希望を把握していますから、その病院に気に入られるような書類の書き方を提案してくれるでしょう。

 

 

 

書類審査が通ったら、電話面接です。

電話でどんなことを聞かれるか、何に気をつけたらいいか、などは病院によって異なりますので、事前にコーディネーターさんにアドバイスをもらっておいた方が良いですね。

可能であれば、コーディネーターさん相手に練習をさせてもらっても良いかもしれませんね。

 

 

電話面接を通過すれば、採用、赴任となります。

 

転職サイトのコーディネーターさんを通して希望先に応募することになります。

コーディネーターさんは経験も知識も豊富なプロ集団ですので、分からないことは何でも聞いて、最善の方法で転職に挑みましょう!

 

 応募先の選定と同時に退社準備も円満に

f:id:hihari:20160609140646j:plain

応援ナースへの応募から採用・赴任まで、最短で2週間程度で可能なようです。

今すぐに職に就きたい人には、このスケジュールはありがたいものですね。

 

また今職に就いている方は、円満退社をするよう、退社のタイミングも考えて、転職活動をすると良いですね。

 

次の勤務先が決まってから退社の意志を伝えたいと思う方が多いかもしれませんが、タイミングが必ずしも合うとは限りません。

難しい判断になるかもしれませんが、退社する病院もあなたがいなくなる分の人材の確保が必要です。

慌ただしく退社をして、迷惑をかけないよう注意しましょう。

 

赴任タイミングについても、コーディネーターさんに相談をすれば、病院側と調整可能なこともあるかもしれませんので、前もって状況を伝えておいた方が良いですね。